カナダ→日本(旧カナダ留学)2005年4月に帰国しました。
次のカナダ進出に向けて、無い知恵しぼってます。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク
ストレス 17:14
最近留学準備をお休みしている為、ここに書く内容は日常的なことが多くなっている。(留学は10月に行くんですけれどね。)

ストレスについて。自分でストレスを感じたり、2,3日リフレッシュすれば軽くなるストレスはまだ良い。本当に怖いのはストレスのピークを超えて、本人が感じなくなっているケース。私は6月末、ストレスによる皮膚病で入院をした。

今月末で退職するこの職場は、新卒で入社してから今まで仕事をしてきました。転職経験もなく、いっちょまえに不満も抱きつつ、無難に仕事をしてきた。
しかし丸3年を過ぎた頃から、どうしても許せない上司が2人登場。違う部署なら知らんぷりもできるが、直属の上司ときた。
仕事的にも人間的にも許せない奴らは、仕事ができないくせに、態度だけはでかい。その他会社全体の業務に影響するほどの仕事の仕方。これで私が入社して10年とかだったら、寛容で特に気にならない存在だったかもしれない。ただぺーぺーの青二才、少しは会社というものに理想を持っていた為、私の二人に対するイライラは日々おさまらず、会社に理想をもっていた自分も悪いが、今年の5月頃、かなりのうつ状態になっていた。
それまでは自分で少しはコントロールできていたが、ふと”これがこのまま続くのか”と思った瞬間、自分の心のバランスは見事に崩れた。それでも会社を休む分けにはいかず、自分をなだめすかして通勤していたが、それから1ヶ月後体にも反応がでてきた。
6月下旬、脇腹に湿疹のようなものがパラパラっと出来始め、最初は内科的なものかと思い、2,3日放っておいた。…これが大きな間違い。あっというまにブヨにくわれたようなできものが体全身(汚い話、おしりの内側も)に広がり、痒さに耐えられなくなっていた。内科、皮膚科とはしごをし、最後には緊急入院。2週間の点滴とのみ薬でなんとか進行をくいとめ、退院となった。あともう少し遅かったら、皮膚の再生ができないところだった。
気になるのは病名である。ところがくまなく検査した結果は”原因不明”。恐らくストレスによって免疫力が低下していたところに、なんらかの細菌が入って、
悪さをしたのだろうとの事。

自分の体調って、分かっているようで分かっていない事があるんだなと、今回のことで実感しました。

がんばる事も大切だけれど、体の不調を感じたときにはがんばりすぎないで、ガス抜きをすることも大切だと思います。

| 日記 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by izumi
スポンサーサイト 17:14
| - | - | - | posted by スポンサードリンク
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://olryuugaku.jugem.cc/trackback/36
<< NEW | TOP | OLD>>